住宅Ⅱ:なかよし家族の白い家

25年前、奥様の育った実家に続いて、2代にわたる住宅の設計です。特別な緊張感での設計と工事監理。
ここはこうしたいという思いが適うように間取り(プランニング)を重ね、そしてたどりついた白い色の屋根と壁の外観。玄関戸は、12ヶ月分のガラス格子を家族5人の誕生月に区分けした造作戸。
仲良し家族が迎えてくれます。

(2011年11月完成)
建て主からいただいた感想「多くの人の思いが詰まった家」もご覧ください