住宅Ⅱ:白いキャンバスに描く、これからの”くらし”

外観は、落ちつきを求めて軒を深く出した切妻屋根。 居間を中心とした家族室は、高さと広がりをもたせたゆったりした間取りです。
色彩は、内外観共に白を基調とし、清潔感のある空間づくりになりました。
建て主ご自身が、造作家具や建具の基礎デザインをし、細部の整品選びにとりくみ、住み手の感性あふれる住まいになりました。

(2012年5月完成)